無趣味な私w

社会人半年経ちました。

4月は関東で研修→5月から配属でした。

 

まず、地元に友達がいないのがつらい (笑)

 

土日が暇すぎます、彼氏と遊ぶ意外に予定がない(笑)

彼氏とはちょっと遠距離なので、毎週遊ぶわけでもないし、土日どっちか遊ぶ、ということも多いです。

なのでマジで暇してます、親と買い物ばっか行ってる・・・・・・・(笑)

 

あと、そもそも自分に趣味なんかあったのか?とコズミックな考えにも至ります。

買い物好き、アニメ好き、漫画好き、食べるの好き、カフェ好き、ラーメン好き、餃子好き、酒好き、温泉好き、ゲーム好き、、、、

(あれ?これってみんな好きだよね????)

ってなっちゃうので、これって趣味って言えるのか?

猫がチュール好き!っていうのと変わらなくないか?って感じ。

あと、絵を描くのがそこそこ続けていたんですけど、これはもはや面倒な部類で、技術てきな部分で、自分のスキルとして持っているだけでそれを行動に写す気持ちが全くないんです・・(T-T)

 

うええ趣味くれえええええ

卒業しました。

 

ちょうど日曜日に卒業式があり、無事卒業できました。

ブログをかかない間に一週間フィンランドエストニア旅行に行ってきたりしていました。

一週間もあっちにいたのに、帰ってくるとだんだん記憶は薄くなってきてしまいます。

楽しいって記憶だけが残っているのに、楽しさの実感もだんだん薄くなってくる・・・。

 

あと、引越しも終わりました。

引越しは卒業式の次の日にして、今は実家にいます。

この時期、東京にいく友達や一人暮らしを続ける人、いろいろな人がいると思います。

私が実家に戻ってきたのは、ただでさえ寂しさに耐えられない人間が、見知らぬ土地で新しいスタートをきれる自信がなかったからです。

思えば、大学進学の時も、埼玉で受けた滑り止めの大学にいく確率がたかくなっていたとき、そこでやっていける覚悟もなく、前向きに考えられなくなって、夜に急に母に泣きついたりしてました。

今の大学に入る時は、家が6月からになってしまったので、それまでの二ヶ月間は新幹線で家から通っていました。この生活は毎日5時起きの10時帰りみたいな生活だったので、とてもつらかったですが、新しい環境に慣れるまで家から通えるというぶん、私にとってはいいスタートだったと思います。

しかしながら、一人暮らしに慣れてしまった私はその後、それなりに一人暮らしの自由を謳歌していました。寝放題ねて、彼氏や友人を家に招いたり、家事もそこそこ、外食はしたり、ちらかしても、掃除をなまけても、誰にもなにも言われないのが心地よかったです。

 

就職活動を通して、いろいろと考えることがあり、実家に戻ってきたものの、記憶に残っている実家での生活と帰ってきてからの実家での生活はまた違うように感じます。

私が大学4年過ごしている間に、家庭環境も変わりました。

 

 

あまりああすればよかったと思いたくない、っていうのが理想だけれど、

他人が羨ましく、自分の状況を省みてなんともいえない虚しさと今後の不安に苛まれる自分は本当にメンタルが弱いと思う。笑。

 

とにかく遠距離恋愛がもう開始一週間もたってないのにつらい!!

シンガポール 3泊4日の旅

シンガポールに3泊4日で旅行に行ってきました。

 

1日目はほとんど移動です。

2時の仙台発、成田空港行き(1時間)に乗り、

そこから成田から6時発のシンガポール行きに乗りました。

 

仙台からの便は国内線で1時間しか乗らなかったのであっという間でしたが、

シンガポールまでの便が7時間でととっっっても疲れた!!!!

でも飛行機の中でこの世界の片隅にを見て泣いたり、

機内食や飲み物をもらってのんびりもできました(でも辛かった)

 

機内ではビールも飲めるので嬉しいです。一本くれるのは太っ腹だ・・・

f:id:momo_ma:20170305210909j:plain

おつまみとビールです。

 

 

f:id:momo_ma:20170305210913j:plain

 

こっちは晩御飯。普通に美味しいです。

 

そして、ホテルに着いたのは現地時間で2時くらい・・・。

日本との時差は1時間なので時差ボケなんかはないですが、この深夜という現実もつらかった。

でもせっかく着いたし!ということでホテル周辺を散策、すぐ見つけた24時間営業の韓国デザートのお店に入りました。

 

f:id:momo_ma:20170305211129j:plain

 

これこれ、何も考えずに注文してみると20ドル。日本円1700円くらい。

ええええええたっか!!!!!!!私はやっすい半田屋みたいな価格でシンガポール初日を楽しみたかったよ・・・・と反省。

シンガポールは東南アジアとはいえ、イギリスに支配されていた時代背景もあり公用語は英語。先進国です。物価も日本と同じくらい、たけえ!

 

f:id:momo_ma:20170305211602j:plain

ホテルはこんなかんじーー。シャワーの水圧は弱いですが、綺麗です。

f:id:momo_ma:20170305211641j:plain

ホテルから見える景色も綺麗ですわ。19階のうちの19階だったからなんか得な気分だ・・・。

そんなこんなで1日目の夜は3時くらいに就寝。

 

続いて2日目、朝9時からバスツアーです。

日本人ばっかりだ・・・・・・笑

f:id:momo_ma:20170305211145j:plain

f:id:momo_ma:20170305211149j:plain

 

マーライオン公園に行ったり、チャイナタウン、マリーナ・ベイ・サンズに行ったり。時間は短く、スピーディにメイン観光地を巡るってかんじです。

もっといたいならあとで自分で見にきてね的な。

マーライオン公園はガッカリスポットなんて言われますが、全然普通です。

マーライオン自体がシンガポールの象徴なので、歴史や物語を見ていると納得です。今は綺麗に整備されてますし。

f:id:momo_ma:20170305211152j:plain

バスツアーの合間を見計らってシンガポールのビール、タイガービールを!

昼間からビールが夢だったんじゃあ・・・・・!

 

 

 

 

f:id:momo_ma:20170305211203j:plain

 

バスツアー終了後は地下鉄でまたマリーナ・ベイ・サンズにきて、上に登りました。

この船の上って宿泊客しかこれないんですけど、上のバーを利用したいという旨を伝えればバー専用のエレベーターに乗せてくれて、上に登ることができます。(ホテルのエレベーターはカードキーなしでは乗れないんです)

ちょっとハプニングがあったり、デポジットもあったりと慣れない部分もありましたがなんだかんだ来れてよかったー!!あと、一応展望台もあるんですが、展望台のチケット代が30ドルかかるので、バーだと1杯20ドル〜くらいなのでお酒も飲めてお得なかんじもあります。

 

海にはいつも大きい船がたくさんあって、すごいなあと思いました。

ガイドさんによれば毎日700の船が港を訪れるんだとか。港も大きい機械やたーーーくさんあってすごかった。

f:id:momo_ma:20170305211204j:plain

オーチャード(日本でいう表参道的なショッピング街)でジェラートも食べたよ。

安ウマ!!!お兄さんも気さくで最高だった!!!!

でもオーチャード、シャネル、グッチ、コーチなんかの高級ブランドがめちゃくちゃあって、しかも数件先に二店舗目があったり、庶民にはカオスな土地だった・・。

 

 

 

3日目!!!

 

午前中はガーデン・バイ・ザ・ベイに。シンガポールにある植物園です。

写真なんか有名なんで見たことあるはず。

f:id:momo_ma:20170305211206j:plain

f:id:momo_ma:20170305211210j:plain

f:id:momo_ma:20170305211214j:plain

 

入る文には無料なんですが、建物の中の部分は有料、せっかくなので課金です。

スカイウォークという、金属の網?でできた橋をずっと歩くみたいなのがあって、高所恐怖症な私はタジタジ・・・。でもすーーっごい綺麗でした。なんてたってでかいし!たかい!!

 

お昼はマック!!

f:id:momo_ma:20170305211141j:plain

f:id:momo_ma:20170305211217j:plain

シンガポールのマックはチリソースがセルフのところに置いてあって食べ放題、使い放題!

パンでもナゲットでもポテトでもつけて食べてる。しかもおいしいーーーー。

辛いけど甘い!!めっちゃ食べてしまった!!

マックは1セット4ドル〜と安い・・・・・。

 

 

 

午後はセントーサ島へ、ここはシンガポールの島の一つなんですが、ユニバーサルスタジオシンガポール、カジノ、水族館が集まってるテーマパークな島です。

水族館に行きました。

 

f:id:momo_ma:20170305211148j:plain

f:id:momo_ma:20170305211144j:plain

 

まあ普通の水族館。海の杜と変わらん。

 

f:id:momo_ma:20170305211151j:plain

 

センントーサ島にあるマーライオンタワー。めちゃでかい。

このあとバイキングでご飯を食べて、海岸でやる水のショーを見ました。

 

夜はホテルの前にあったイスラム系のバーで一杯飲んで帰宅。

 

4日目の飛行機が朝6時の便なので、3時にガイドさんがホテルに迎えにきてくれる・・・つら・・・・ほぼオールです。

f:id:momo_ma:20170305211200j:plain

朝ごはんの機内食

ふわふわのオムレツがめっちゃうまかった。一番おいしかったかもしれない。

 

 

帰りは5時間半のフライトで、昼頃に成田着。

そこから夕方成田発の飛行機だったので暇で暇でしょうがなかった。

 

あと最後の仙台までの飛行機が離陸が遅れたり、ガタガタだったり一番こわかった。

 

 

シンガポール、初めての場所でしたが英語で通じるし海外楽しいって初めて感じたかもしれない・・・・

優しい人ばかりで、たぶんぼったくりとかもなんにもされない。

観光客に日本人も多いせいか、日本語ですこし説明もしてくれる場所もあります。

ご飯も日本人にあうとおもう、オイシー!!

 

 

あと、最後に奇跡があった。

バイト先で私が大学1年生の時に4年生だった人がCAに就職していて、その人がシンガポール〜成田の便で私の前のCAの椅子に座っていた!!

バイトは一ヶ月くだいしか関わらなかったのだけど、なんだか感動。相変わらずめっちゃ綺麗だった。

 

 

f:id:momo_ma:20170305211139j:plain

 

シンガポール金融街のビルはめっちゃすげえ!!!!

 

 

無関心 関心(すき・きらい)

あっという間に土曜日になってしまいました。

卒制もレビューも終わり、あと差し迫ってやることは卒論と内定先の課題くらいです。

でも期限までまだすこし時間があるのでついついだらだらしてしまいます。

頑張れば1日で終わるようなことを何日もかけてだらだらやる、サイコーに時間の無駄、前から月末は卒論やらなきゃなと考えはあったのでバイトも入れてませんでした。

こんな何も急かすものがない、やばい時間がない!みたいに思わせる要因がない生活、引きこもり生活を加速させる。

 

つまり、サイコー

 

そんなことはさておき、今日はよく言われている

「好きの反対は無関心」という言葉について自分の意見を書き記しておこうと思います。

 

この言葉の通り、私自身好きの反対は無関心であると、身を持って実感しています。

本当に好きじゃない人ってどうでもよすぎるんですよねー。

何か勝手にしていても、私の知らないところでドウゾやってくださいー、ってかんじです。なので、好きの嫌いは無関心、すごくわかります。

 

しかしながら、じゃあ嫌いの反対はなんなのか?、無関心の反対は?となるとすこし難しくなってくるように感じます。

気になって2ちゃんねるまとめをさっと目を通しましたが、言いたいことはわかるもののすこしわかりにくかったので、自分なりの解釈を図にしてみました。

 

f:id:momo_ma:20170225170815j:plain

 

つまりこういうことです。

 

無関心 → 関心 → (すき・きらい)

 

 

ってことです。

横に見たとき、好きの反対にある部分は無関心、

また嫌いの反対も無関心です。

 

縦に見たとき、好きの反対は嫌いです。

 

関心の反対は無関心でいいと思います。国語的に。

 

横は時間経過的な解釈で

縦は感情的解釈ってことにしておきましょう。言いようがないので。

 

 

特にどうするでもないです。

私は「好きの反対は無関心」でいいと思いますし、人それぞれ解釈があると思うので、これは私なりの意見のまとめです。

 

 

 

 

3/1からシンガポールに行ってきます。

また、3月はフィンランドにも行ってきます!

今みたいなクソニート生活は2月までか・・・と思うと寂しいです。

 

 

根性論の話

私はよく根性論を叩きつけてしまいます。

 

なにをするにも、結局はめんどくさい気持ちがあったり、口ではどうとでも言えても行動に移していないところから、「結果として本当はやる気がない・根性がない」と判断しています。

 

恋人関係においても、会いたいといいつつ、会いに来ない→結局は会いたくないんじゃない?とか

友達においても、飲もう!→予定を立てない→やる気ないんじゃん・・・

みたいなことがよくあります。

 

 

すこし話は変わりますが、友達で旅行に行く時(の準備で)

A「○○に行くのに予約しなきゃだよね・・・」

B「じゃあ私やっておくよ!」

C「Bありがとー!それなら私は××の場所確認しとくねー!」

みたいなスム〜ズに予定が組めてます。

お互い面倒な部分も多いですが、話に上がった限り、先延ばしにしないで忘れないうちにやっておくのが吉ってことなんでしょう。

 

しかし、恋人と旅行に行く時は

女「この間決めた○○の旅行、そろそろ詳しく決めたいし、その時行くって話だった場所のチケットネット予約しておかないとだよ!」

男「おー、そうなんだ」

女「今見てるんだけど(スマホのスクショを送る)、どれがいいかなー?」

男「任せる」

女「このコースが良さげだからこれがいいかな・・・・。予約は・・・・・・・このまま・・・・・・私が、します・・・・」

みたいなやりとりが多いです。

言った人がやれ、みたいな風習はどうなんでしょう。

じゃあ私が言わなければ旅行の計画はグダグダになりますよ?

なんだか、男と女の考え方の違いを感じます・・・・・・・・・・。

 

そのうえ私にとっては根性論も重なるので、旅行行く気あんのかよ?というところまで達してしまいます。

根性論、あんまり他人に押し付けるのはよくないと思うけど、自分が今までこの根性論で生きてきたので他人にもどうしても求めてしまうんです。

 

 

二度目の徹夜です

明日から卒業制作展が始まります。

昨日は卒制発表会で、今日は搬入日です。

 

思いの外梱包に時間がかかってしまい、気がつくと日が昇っていました・・・・

学校にお泊まりは人生で二度目です、一回目も一年前の搬入日でした。

 

まあこんなことは置いておいて、昨日の卒制発表を聞いていて自分の反省と他者の発表を見ての感想と気づきを記そうと思います。

 

私の大学は基本的にテーマは自由です。

先生の意見を受けながら研究を進めていくと思うので、先生によって方針は異なりますが、このゼミだからこれしかだめ、みたいなのはないです。

だからこそ、それぞれの興味関心のある分野を研究として選択していると思います。

 

そこで一つ思ったのでは、好きなこと・これがしたい、というのはもちろんOKですし、とても良いことだと思います。しかしながら、研究として掲げるためにはその分野がある程度の厚みがなければならないということです。

新しい価値、再評価されるべき点、他と結びつけられる点(応用)、のような「自分だけがみつけたそのものの光る部分」がなければなりません。そういう部分があるからこそ、研究しがいがあるわけですし、価値もあると思います・・・

そして、これがない限り、やはり自己満足的になってしまうものなのではないかと感じました。

 

あと、つくることに重点を置きすぎるとモノのクオリティは高くても核心であるべき価値が不足してしまう、という危機感も私たちは持つべきです。

正直、やはり「価値」というものは制作・研究をする上でついてなにがなんでも付いてきて回ります。だからこそ、そこを無視してはいけないのだと改めて感じました。ここが一番しんどいところなので目を向けたくないのはとってもわかるんだけど・・・・

 

以下箇条書きで反省点

・何をするにも得られた結果をすべてとして決めつけることは危険。常に反対のことも考えながら吟味する必要あり。

・あたりまえのことを一応検証→あたりまえの確認  ←これを研究する上で調べるのはいいとしても、スライドや発表でいう必要あるか?あくまで仮定の確認として研究をする上での自己認識程度でいいのでは・・?

・うちの学科ではデザイン・制作することはもちろんではあるが、それがいつ・どこ・そんなひとにとってであれば最大限価値が生まれる・発揮されるのか考えることがステップアップに繋がりそう。

 

 

 

 

後輩にはポンコツ先輩の戯言としてすこしだけでも見てくれたら嬉しい。以上。

人生初めての半田屋

 

人生初めての半田屋に行ってきました。

ご飯屋さんの話に恋人となるとき、恋人は「山岡家と半田屋はいかなくていい、行く価値ナシ」と言います。私がどっちも行ったことないから行ってみたいなぁ、、というといつもです。

山岡家は24時間営業ということもあって、臭いやいろいろ噂は聞くのでやめようかな、というかんじです。

しかし、半田屋は学食みたいなかんじ!だとか安い!という話を聞くので、一度は行ってみたいなというかんじでした。

今日はたまたま野暮用があり恋人に車を出させてしまったので、近くにある半田屋でおごるよ!というノリで行ってみました。

 

感想

学食みたいなかんじ。

 

 

お店の雰囲気?は淀んでいますが、値段を考えても味はこんなもので、安いのでありです。

でも、本当にお金がないとき、以外は行かないかもしれない・・・・。お腹いっぱいになりたいときでも、普通に安くて大盛りのお店ってたくさんあるよね。

 

 

 

ところで

 

私がなぜ最近ここまで外食ばっかりしているかというと実は理由?があります。

 

前から一人暮らしでもそこまで自炊をしているわけではなかったので、一人で牛丼屋やラーメン屋に行くことはあり、そこそこのペースで外食はしていました。しかし、最近はそれに比べても増えています。

 

理由の一つは引っ越しです。

来年から就職で実家に帰るため、今いる場所でずっと行きたかったお店・行ったことのないお店・気になっているお店に行っておこうという考えがあるからです。

なので実家近くで見たことのない半田屋に今日も行ってきました。(もしかしたらあるかもしれないけど)

あと、この辺りで有名なラーメン屋さんにも行くようにしています。

ラーメン美味しいし、いろいろなお店の味を知りたいです。

 

二つ目は恋人との時間です。

どうしても晩御飯前に別れる時、なんとなく切なくなってしまうのです。

送ってもらうにしても、送るだけではなくて、このままご飯でもどう?となってしまいます。ついついいっしょにいる時間を長くしたがってしまうんですよね。

恋人は実家暮らしで晩御飯が家に用意されているのですが、私に付き合ってくれます。

今日も送り迎え、個人的な用事に付き合ってもらう、などいつも付き合わせっぱなしです・・・

こう考えると負担をかけててごめんねってかんじです。本当にありがとう。

 

 

あんまり外食ばかりしてると太るし、お金もかかるんですけど、こんな理由でついついしちゃうんです。

卒制も大変で大切ですけど、それ以上に学生という今の時間が大切だと思います。

恋人とは中距離恋愛にもなってしまうので、学生という自由な時間で近い距離で会える今の時間を大切にしたいです。

 

なんだかんだあっという間に学生生活終わりそう・・・・・でも今できることやしたいことは少しでも消化したいって思うんです。